副院長のご紹介|患者さん本位の医療を

副院長のご紹介

  • 2019年4月より副病院長に就任いたしました。
    尿路治療、結石治療、透析治療に特化した病院として45年以上に渡る伝統と、新しい技術を融合させながら最先端の医療を目指します。
    具体的には尿路内視鏡を駆使し、痛みなど体への影響を小さくする「低侵襲」を心掛けるなど、患者さんの生活の質(QOL)の維持向上に努めます。

    泌尿器の悪性疾患に対しては、最新の医学的根拠に基づき、全身麻酔下の手術や内視鏡手術などに取り組んできました。
    結石治療では、体外から衝撃波を当てて短時間で結石を砕く機器を備え、尿路内視鏡を尿道から入れレーザーで結石を砕く「経尿道的尿管結石破砕術」体外から腎臓に小さな穴をあけ結石を砕く「経皮的腎砕石術」を推進しています。
    4月に手術室をリニューアルし、内視鏡イメージング画像の精度を高めた4Kシステムを導入し、結石の位置や大きさ、数、患者さんの全身状態そして患者さんの社会的背景に応じた治療法を提案しています。
    また、若手医師教育のための教育監視システムを整備し、未来の尿路内視鏡医師の育成にも力を入れています。

    今後も尿路内視鏡を軸に専門性を磨き、地域に信頼される・頼りにされる・期待される病院であり続けたいと思います。

  • 副院長 井上貴昭

    昭和52年5月23日 生まれ
    神戸市東灘区御影

学歴・職歴

学歴

2003.3
関西医科大学卒業

職歴

2003.4
神戸市民病院(西市民/中央市民)内科・救命・集中治療部研修医
2005.4
関西医科大学泌尿器科学教室 入局
2006.4
河内総合病院 泌尿器科 医院
2008.4
関西医科大学附属枚方病院 腎泌尿器外科 助教
2010.4
関西医科大学附属滝井病院 腎泌尿器外科 助教
2015.4
関西医科大学附属滝井病院 腎泌尿器外科 助教
結石治療センター 副センター長
2016.5
関西医大総合医療センター 腎泌尿器外科 助教
結石治療センター 副センター長
2017.4
関西医大附属病院 腎泌尿器外科 助教
2018.5
関西医大附属病院 腎泌尿器外科 講師
2019.4
原泌尿器科病院 副院長
尿路内視鏡&尿路結石治療センター 部長
関西医科大学 非常勤講師
2019.5
神戸大学大学院 腎泌尿器科学分野 客員診療准教授

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本泌尿器科内視鏡学会
    (内視鏡学会評議員、尿路内視鏡手術標準化委員)
  • 日本尿路結石学術学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本老年泌尿器科学会
  • 泌尿器腫瘍学会
  • 日本超音波医学会
  • 国際プレゼンテーション協会 会員
  • Asian Urological Surgery Training & Education Group (AUSTEG)
  • Endourological society

認定資格

  • 日本泌尿器科学会専門・指導医
  • 日本内視鏡外科腹腔鏡技術認定医
    (2013年度取得 2018年更新)
  • 日本泌尿器科腹腔鏡技術認定医
    (2013年度取得 2018年更新)
  • 日本癌治療認定医

学位取得

2018.3月

専門

  • Endourological surgery
  • 尿路内視鏡的治療
  • 泌尿器科一般(開放手術、腹腔鏡手術)
  • 医療プレゼンテーション技術の研究
  • ビジネスプレゼンテーション企業教育/指導講師

受賞歴

第192回(2005)
関西地方会 Best-presentation賞受賞
第211回(2010)
関西地方会 Best-presentation賞受賞
第28回(2014)
泌尿器内視鏡外科学会 Young award賞受賞
第29回(2015)
泌尿器内視鏡外科学会 総会賞受賞
第89回(2016)
日本超音波医学総会 奨励賞受賞
2017年度(2017)
関西医大腎泌尿器外科 大原賞受賞
第31回(2017)
泌尿器内視鏡外科学会 学会賞受賞
平成29年度(2018)
日本公益財団法人内視鏡財団研究助成B 受賞
2018年度(2018)
関西医大加多乃賞助成金受賞
2018年度(2018)
日本公益財団法人内視鏡医学研究振興財団 海外派遣助成 受賞
2018年度(2018)
The Best Doctors in Japan 2018-2019 受賞

医療プレゼンテーション普及活動

2014年
活動開始
2014-2019年
製薬企業 社内講師
(キッセイ薬品大阪支店、キッセイ薬品全国新人研修、アステラス製薬大阪支店、タケダ薬品大阪支店、アストラゼネカ大阪支店(3回)、日本新薬大阪支店(3回)、グラクソスミスクライン(5回))
2016年
泌尿器内視鏡外科学会 特別講演 「プレゼンテーションの極意」
2017年
信州大学 泌尿器科 特別講演
2017年
鳥取大学・島根大学泌尿器科 合同地方会 特別講演
2017年
近畿肺癌胸部疾患センター 招聘講演
2017年
自治医科大学 泌尿器科 特別講演
2018年
関西肺癌学会 大阪国際会議場 特別講演
2018年
国際プレゼンテーション協会の一員として活動
2018年
泌尿器中部総会 名古屋大学主催 「プレゼンテーション極意の伝承」
2018年
GSKプレゼンテーションスキルアップ ワークショップ第一回
2019年
滋賀県立医大 泌尿器科 特別講演
2019年
GSKプレゼンテーションスキルアップ ワークショップ第二回
2019年4月
香川医科大学&関西医科大学(KKUC研究会) 泌尿器科 レクチャー予定

業績 First Authorのみ記載)

Original Articles

  1. Takaaki Inoue, Hidefumi Kinoshita, Tadashi Matsuda. Complications of Urological Laparoscopic Surgery: A Single Institute Experience of 1,017 Procedures. J Endourol 2010,24(2):253-260
  2. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. Two cases of gastrointestinal perforation after radiotherapy in patients receiving tyrosine kinase inhibitor for advanced renal cell carcinoma: World J Surg Oncol 2012 10:Article No.167
  3. Takaaki Inoue, Hidefumi Kinoshita, Tadashi Matsuda. 2cm以上の腎結石に対するSinglesession Flexible Ureteroscopy and Holmium Laser Lithotripsy : Jap J Endourol. 2013
  4. Takaaki Inoue, Takashi Murota, Tadashi Matsuda. Influence of Pelvicaliceal Anatomy on Stone Clearance After Flexible Ureteroscopy and Holmium Laser Lithotripsy for Large renal Stone. J Endourol 2015, 4:
  5. Takaaki Inoue, Takashi Murota, Tadashi Matsuda. fURSトレーニングにおけるInstructional training とVisual feedback training. Jap J Endourol. 2015
  6. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. Wideband Doppler Ultrasound-Guided Mini-Endoscopic Combined Intrarenal Surgery for Large Renal Stones: Preliminary cases. Urology, 2016.
  7. Taguchi M, Inoue T, Matsuda T. Impact of loop-tail ureteral stents on ureteral stentrelated symptoms immediately after ureteroscopic lithotripsy: Comparison with pigtail ureteral stents. Investig Clin Urol, 58: 440-446, 2017
  8. Takaaki Inoue, Atsushi Komemushi, Tadashi Matsuda. Effect of protective lead curtains on scattered radiation exposure to the operator during ureteroscopy for stone disease: a controlled trial. Urology, 2017.
  9. Takaaki Inoue, Shinsuke Okada, Tadashi Matsuda. Current trends and pitfalls in endoscopic treatment of urolithiasis. Int J Urol 2017 in press.
  10. T Yoshida, T Inoue, T Matsuda et al. Ureteral Wall Thickness as a Preoperative Indicator of Impacted Stones in Patients With Ureteral Stones Undergoing Ureteroscopic Lithotripsy. Urology 2017.
  11. Takaaki Inoue, Shinsuke Okada, Tadashi Matsuda. New advanced simulator in flexible ureteroscopy: SMART simulator. J Endourol 2017 in press.
  12. T Yoshida, T Inoue, T Matsuda et al. Thulium laser ablation facilitates retrograde intra-renal surgery for upper urinary tract urothelial carcinoma. Int J Urol 2018
  13. T Inoue, Watanabe H, T Matsuda et al. Successful Ultra-Minimally Invasive Endoscopic Intrarenal Surgery for 2-Year-Old Boy with Bilateral Cystine Kidney Stones Over 2 cm. J Endourol case 2018.
  14. T Yoshida, T Inoue, T Matsuda et al. Evaluation of intrapelvic pressure when using small-sized ureteral access sheaths of ≤10/12Fr in an ex vivo porcine kidney model. J Endourol 2018.
  15. T Yoshida, T Inoue, T Matsuda et al. Ureteral wall thickness as a significant factor in predicting spontaneous passage of ureteral stones of ≤ 10 mm: a preliminary report. World J Urol. 2018 Aug 28.
  16. T Inoue, T Matsuda et al. Impact of ureteral stent removal by string on patient’s quality of life and complications at post-ureteroscopy for urolithiasis: a controlled trial. BJU Int 2018.

Case Reports

  1. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 対側停留精巣と同側腎無形成を伴った中腎管遺残の1例: Hinyoki-kiyou 2008 54(4):309-312
  2. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 陰茎に発生した神経鞘腫の1例: Hinyoki-kiyou 2008 54(8):569-572
  3. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 膀胱 Inflammatory myofibroblastic tumor の1例: Hinyokikiyou 2011 57(3):141-145
  4. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 絨毛癌成分を伴った膀胱・尿管癌の1例: Hinyoki-kiyou 2011 57(11):633-637
  5. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 腎癌副腎転移に対して術前スニチニブ投与が奏功した1例:Hinyoki-kiyou 2013 59(11):573-577

Written Books

  1. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 慢性腎不全: 泌尿器科薬物療法 1st VISIT, 2nd VISIT 2011
  2. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 腎摘出術などの腹腔鏡下手術では何のためにCO2ガスを使うのでしょうか?また、ほかのガスではいけないのでしょうか? 泌尿器ケア 2010
  3. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 腹腔鏡下副腎摘除術 日本臨床 2011
  4. Takaaki Inoue. 血精液症 : Elsevia Japan web journal 2012
  5. Takaaki Inoue. TULのコツ!蛇行尿管の場合、膀胱癌と同時発生の場合、尿管鏡が入らない場合 臨床泌尿器 2014
  6. Takaaki Inoue. 尿に血が混じる、腰が痛い 泌尿器ケア 2015
  7. Takaaki Inoue. 特集:まるごと 尿路結石. 泌尿器care cure 2016 .
  8. Takaaki Inoue. 尿路内視鏡治療最前線. 泌尿器外科 2016.
  9. Takaaki Inoue, Tadashi Matsuda. 尿路内視鏡手術最前線: Hinyouki-geka 2016.
  10. Takaaki Inoue. 尿内視鏡手術技術の伝承:泌尿器外科 2016
  11. Takaaki Inoue. 尿路内視鏡治療の伝承. 泌尿器外科 2017.
  12. Takaaki Inoue. 腎盂洗浄の方法と管理. 臨床泌尿器 2017.
  13. Takaaki Inoue. 腎瘻穿刺術のtips and tricks. 泌尿器care cure 2017
  14. Takaaki Inoue. fTUL技術 tips and tricks. 泌尿器外科 2018
  15. Takaaki Inoue. fTULトレーニング. 日本医事新報社 2018
  16. Takaaki Inoue. Radiation exposure and its prevention in endourology, Chapter ;Radiation exposure and its prevention in endourology East Asian 2019
  17. Takaaki Inoue. 経皮的腎砕石術と経尿道的尿管結石砕石術の同時手術. 臨床泌尿器科 2019
  18. Takaaki Inoue. まるごと 泌尿器科エキスパートに学ぶ! 術式の選択基準と術後のアセスメント. 泌尿器Care Cure Uro-Lo 2019
  19. Takaaki Inoue. 結石発作時の治療総論. 泌尿器外科創刊号 2019

その他

  1. Cook-Japan主催 第1回VISTA Hands-on Live surgery 2014 メインインストラクター
  2. Cook-Japan主催 World-Congress Endourology in Taipei 2014 ブースインストラクター
  3. 日本経済新聞掲載(医療コラム):2014.12.12掲載
  4. Olympus-Medical主催 第1.2回 Hands-on skill up seminar 2015メインインストラクター
  5. Boston Scientific Japan主催 第1回Stone institute Japan 2015 メインインストラクター
  6. Boston Scientific Japan主催 Live surgery-DVD撮影・販売 2015 メインインストラクター
  7. Japan-Journal of Urology: Reviewer (査読委員)2016
  8. International symposium Urolithiasis (ISU), JSUR 2016 hands-on seminarインストラクター
  9. Asian Urological education and training in China; faculty member in endourology 2017
  10. Endourological society faculty in Japan 2017
  11. Cook-Japan主催 第2回VISTA Hands-on Live surgery 2018 メインインストラクター
  12. 1th Endoluminal and technology symposium in Korea 2018; Japanese faculty
  13. Asian Urological education and training in Korea; faculty member in endourology 2018
  14. メディコン主催 第1回Hands-on Live surgery 2018 メインインストラクター
  15. Endourological society faculty in japan 2018
  16. TARENT MEETING in Miami. One of best research doctors (75 persons) in endourological field around world.
PAGE TOP