看護部の紹介

教育体制

継続教育

クリニカルラダーの目的

  1. 看護師の臨床能力は、段階を踏んで成長していく。自らの段階を知ることによって目標を明確にする。
  2. 評価の結果から、現在の自分の臨床能力を客観的に分析し、次に何を学ばなければならないかを明確にする。
  3. 経験年数で臨床能力を評価できないことを真摯に受け止め、謙虚に他者評価を受け、看護師としてキャリア開発を図るものである。
  4. 職務満足度を高めスタッフのモチベーションをあげるツールとする。
レベル 職位 原泌尿器科病院到達目標
レベル4 主任
  • 専門性看護師として役割モデルとなり専門性を発揮できる。
  • 創造的な看護実践を展開できる。
  • 部署における課題を明確にし、目標を示しながら管理行動が取れる。
レベル3 リーダー
  • 看護過程を踏まえた個別的なケアが実践できる。
  • 状況に応じたリーダーシップが発揮できる。
  • 研修を実践に活かせる。
  • プリセプター(指導者)として新人教育に当たれる。
レベル2 メンバー独り立ち
  • 日常生活のための基本的技術・態度を身につけ、ベットサイドケアが安全・確実に実践できる。
  • 患者ケアを通じて看護の知識・技術を深められる。
  • チームメンバーとして役割と責任を果たす。
レベル1 メンバー
  • 社会人として意識を高めることができる。
  • 病院・看護部の組織を理解し、一員として行動するができる。
  • 日々の仕事に適応できる。

クリニカルラダーの概要

    Level1 Level2 Level3 Level4
看護技術      
     
看護過程の展開      
     
救急看護      
フィジカルアセスメント      
     
ケースレポートの作成      
看護研究 実施      
指導      
伝達講習 参加      
講師      
リーダー研修  
専門コース 受講      
医療安全研修会
院内感染防止対策研修会
接遇研修会
新規採用者オリエンテーション