各部署の紹介

外 来

外来は、医師・看護師・臨床放射線技師・薬剤師・栄養士・受付事務員・メディカルクラークからなるチームです。外来患者30名に1名の看護配置とし、師長・1名のリーダー・リソスター室1名・レントゲン室1名・手術室2名の6名~8名の看護師で外来看護をおこなっています。 午前、夜間診(泌尿器科・腎臓内科)を合わせ約100名前後の患者が来院されます。 診療の介助・情報収集・検査・処置・術前検査・手術介助・救急患者の受入れなど、患者の状態に応じた迅速な対応が求められる部署であり、職種を越え専門性を発揮できるよう、コメディカルとも情報の共有や連携強化に努めながら、日々の業務を安全、確実に行っています。 月1回の外来会議やタスク会議では、安全で安心な診療、看護が患者、家族様に提供できるように意見交換を行い、業務改善に努めています。 待ち時間の対策としては、外来フロアーの整備やメディネット(大型テレビモニター)、放映による情報発信や各種パンフレット、雑誌をラインナップする等、患者さんの待ち時間の負担を軽減できるように心掛けています。 新入職者を受入れる際には、プリセプターが中心となり、個人に合った指導を行っていますが、泌尿器科の勤務経験がない方でも安心して働けるようにスタッフ全員で支援する体制を整えています。手術が重なると大変な時もありますが、チームワークを発揮し明るいメンバーで協力し合って業務を遂行しています。

  • 外来01
  • 外来02
  • 外来03