診療内容を見る

診療内容について

当院で行っている手術・処置(透析関連)

1.シャント手術

シャントとは"短絡路"という意味を持ちます。血液透析を行うには人工腎臓に毎分200mlの血液を通すために、同量の血液を体外に導き出す必要があります。そのために前腕の血管に特別な仕掛け(内シャント)を造る必要があります。内シャント造設術とは、前腕の動脈と静脈をつないで皮膚の表面にある血流を増やし、血液を取り出しやすくするために行います。手術時間は1時間くらいです。

2.経皮経管的血管形成術(PTA)

様々な原因で血管が閉塞(狭窄)し、血行が妨げられることによりおこる各種症状に対して、バルーンカテーテルを使用して血管を内側から押し広げ、血行を再建する治療手技です。皮膚切開無く治療が可能であるため、身体への負荷が少なく済みます。同じシャントを長期間使用でき、治療直後から透析が行えます。

3.人工血管移植術