病院を知る

医療設備

設備紹介

超音波診断装置

超音波診断装置

当院では、最新鋭の超音波診断装置Prosoundα7を導入しております。画像がとても鮮明で、カラー感度が高く微細な病変も見逃さない高性能な超音波診断装置です。 超音波検査は、検査時に痛みもなく繰り返し検査が可能でレントゲンと比べても侵襲が少ない安全な検査です。

泌尿器科で行われる超音波検査の対象臓器は膀胱、前立腺、腎臓、副腎などがあります。 超音波検査では腫瘍、結石の有無、残尿なく尿が排出出来ているかなどがわかります。


軟性膀胱鏡システム

軟性膀胱鏡システム

VISERA Proシステム
(オリンパス社)

従来の膀胱鏡は硬性膀胱鏡という固いものでこれを行う際には男性の場合、硬膜外麻酔を行わないとできませんでした。当院ではゼリー麻酔のみで簡単に施行できる軟性膀胱鏡を使用しており、外来でも無理なく膀胱内の観察ができます。

また、電子カルテとの連動も行っており、オーダーのやりとり、結果の参照を行っています。


鏡視下ハイビジョン手術システム

鏡視下ハイビジョン手術システム

VISERA Proシステム
(オリンパス社)

鏡視下手術システムによる外科手術は標準術式として確立されていますが、泌尿器科領域でも腎摘出術などは標準術式として認知されています。当院でも鏡視下手術を積極的に取り入れ、平成19年度よりより高画質なハイビジョンを使用した鏡視下手術システムを導入しています。


内視鏡画像ファイリングシステム

内視鏡画像ファイリングシステム

IT-1 DICOM コンバーター
(オリンパス社)

軟性膀胱鏡や鏡視下手術の画像をDICOM画像(Degital Imaging and Communications in Medicine) (医用画像の標準統一規格)に変換しこれを、画像サーバに転送し、保存するシステムです。これにより、写真や、フイルムなどでの出力は必要なく、電子カルテ上での画像の参照を行っております。


体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)

体外衝撃波結石破砕装置

AXIOM Luminos
(シーメンス社)

音波の一種である衝撃波を体の外から結石に向けて照射し、筋肉や他の臓器を傷つけることなく、結石のみを細かく破砕する最新治療法です。平成18年11月より、ドイツ・シーメンス社製の体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)「LITHOSKOP(リソスコープ)」を導入しました。結石破砕能力や音の静かさ、痛みの少なさなどで従来の機器より、進んだものとなっております。


モバイルフラットディテクタ搭載フルデジタルX線撮影システム

モバイルフラットディテクタ搭載フルデジタルX線撮影システム

AXIOM Luminos
(シーメンス社)

持ち運び可能なフラットディテクタと一般X線撮影装置を組み合わせているため、立位・臥位、ストレッチャー上など使う場所や検査領域、患者さんの状態を選ばずに検査が実施できます。


64列マルチスライスCT

64列マルチスライスCT

従来型CTに比べ撮影時間の短縮や、マルチ型CTより 得られた画像データをもとに3DCT画像も作成できます。血管の走行や一般X線写真のみでは診断困難な骨折など、高度な画像診断が可能な装置へと更新されました。患者さんの負担軽減と被ばく線量の低減を実現し、より質の高い医療への貢献を目指します。


64列マルチスライスCT

64列マルチスライスCT

SIENET Sky
(シーメンス社)

これら放射線診断、治療機器のデータのみならず、前述の超音波画像、内視鏡データを画像サーバに格納しこれを電子カルテシステムと連動させることによりフイルムレス、ペーパーレス化を実現。環境にも優しく、また同時に複数の医療スタッフと情報を共有し、診断治療に役立てるシステムを構築しております。


透析中央監視システム

透析中央監視システム

Future Net II
(日機装)

Future Net II は複雑多様化する透析治療を受ける患者さんをシステムの起点として、安全かつ快適な治療を受けられるように透析装置および周辺機器を取りこんだトータルシステムとして開発されました。また近年の電子カルテなどの医療情報の電子化に対応し、院内の各コンピュータシステムと接続するためネットワークシステムを重視しています。


血液浄化装置

血液浄化装置


電子カルテシステム

電子カルテシステム

e-カルテ
(ソフトウェアサービス社)

電子カルテは、パソコン画面にカルテが表示され、医療従事者(医師・看護師・技師・薬剤師)がいつでもどこからでも同時にカルテを見ることが可能です。治療に必要な患者さんの情報を把握しやすくなり、結果的に医療の質を高め、安全性の向上にもつながり医療チームとして医療提供ができます。

また、パソコン上にレントゲン・CT・MRIなどの検査結果を取り込むことで、患者さんに病気の状態がわかりやすく説明しています。